dragons

韓国出身で、パリ市立劇場のアソシエイト・アーティストとして世界的に活躍するアン・ウンミが、2020年7月初演、2020/21シーズン世界ツアー予定・新作ダンス作品『DRAGONS』の出演者を募集。

DRAGONS
この先長い人生が待ち受けている二十歳には世界はどう映るだろうか?
アジア出身のダンサーならどうだろうか?
何世紀も続く伝統を継承しつつも、現在を懸命に生きるアジアの若者世代。
彼らがつくり出すダンスの未来はどんなものだろうか?
韓国出身で、世界的に活躍する振付家のアン・ウンミは、2000 年辰年生まれの5人の若いダンサーと、ソウルを拠点とする自身のカンパニーのダンサーを結集し、こうした問いを追求する。

「私は、異なる身体、国籍を持つダンサーを集め、現代アジアの肖像なるものを描きたいと思っている。今この地域のダンスの潮流を形成している様々な流れを探ることで、今後ダンスがどう発展しうるかを見定めたい。ひょっとすると新しい龍たちが舞台に姿を現すかもしれない。もちろんそれは踊る龍たちだ。」 アン・ウンミ

詳細はこちら


アン・ウンミ 2020/21シーズン世界ツアー作品のアジア出身ダンサー募集

[オーディション開催日時]
2019年10月8日(火)、9日(水)
[会場]
横浜赤レンガ倉庫1号館 3階
※映像をもとに事前審査を行います。一日目(10月8日)のオーディションを一次審査として、選考に通った候補者が、二日目(10月9日)の最終審査に進みます。

応募条件

・西暦2000年生まれで高い技術力を持つアジア出身ダンサー
・必須ではないが、伝統舞踊のベースを持っている方
・英語が話せ、新しい出会い、世界ツアーを伴う国際プロジェクトへの参加に意欲があること
・好奇心旺盛で、限界に挑戦し、未体験の領域にも踏み込む覚悟があること
・下記日程、リハーサル、ツアーに参加できること

スケジュール

2019年12月28日〜2020年2月8日    リハーサル
2020年6月1日〜2020年7月23日      リハーサル
2020年7月24日、25日、26日      初演(ソウル)
2020年9月中旬〜11月末         ヨーロッパ・アジアツアー
2021年4月〜6月中旬          世界ツアー

 
応募方法

以下の応募書類(全て英語で記載)を9月15日(日)までにdragons@gadjaprod.comまでお送りください。事前審査通過者には、オーディションの詳細を担当のJean-Marie Chabotよりメールにてご連絡します。
・ オーディションを受けたい場所を明記(Yokohama と記入してください)
・ 履歴書(CV)
・ 写真(顔写真、全身写真を含む2~3枚)
・ 自己紹介映像+踊っている様子を撮影した映像(最大5分)のリンクURL


アン・ウンミ Eun-Me Ahn
 
Eun

1963年     韓国に生まれる。
1974年     ダンスを始める。韓国のシャーマニズムの道に入る一方、イサドラ・ダンカンを
         はじめとする西洋のコンテポラリーダンスに出会う。
1986〜92年   Korean Modern Dance Company、KoreanContemporary Dance Company in
         Seoul で活動。
1989年     梨花女子大学(ソウル) を卒業。
1994年     ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツを卒業。
2001〜04年   帰国後、Daegu City Dance Company の芸術監督として活躍。
2002年      FIFA ワールドカップの開会式(韓国・テグ)の振付家を務める。
2018年     パリ市立劇場のアソシエイト・アーティストに就任。


[お問合せ]
Jean-Marie Chabot
HP:https://www.gadjaprod.com/dragons-en
MAIL:dragons@gadjaprod.com