「イキ、シ、タイ」はC/Ompany の出発点となった作品。
2008年にこの名の下に始めてから10 年がたち、空気の読めない奴らが時を得てまた、この作品『空気についての….を身体で語る』のだ。
この作品は2009年彩の国劇場にてショートバージョンを作り、2010年には再編してF/Tに参加し、2011年にはオランダ15都市をツアーし2012年にストックホルムにて公演をする。
当時はダンスでありながら無意味な言葉の発しや羅列が疑問視され、また笑いを使用する事で低俗だと罵られ、この先あなたがたはなにが作れるの?と未来さへ?(はてさて)されながらも、この作品は劇場や国を変える事で変化してきた。
アーティストの勝手な郷愁なのかもしれないがとしてやはりこの作品にこだわりを持っている。それだけ?が再演の理由か?と言われれば、私ははっきりと言う、「今の世の中云々よりも、今ここにある空気が大事なのではないか?」と。
問いだけがあり正すことはない、只々同じ空気を今体現したいと願うのだ。


イキ、シ、タイ

[日時]
12月4日(火)19:30開演
12月5日(水)19:30開演
※各公演とも開場は開演の30分前

[会場]
横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

[料金]
一般¥5,000
U20(20歳以下)¥1,000
小学生以下(2歳以上) 無料
※税込
※小学生以下は要保護者同伴

[チケット] 9月20日販売開始
※全席自由
※学生チケットをお求めのお客様は入場時に学生証をご提示ください。



 京都府出身。1992年渡独し、1994年よりハンブルグバレエ団、
 NDT、クルベリーバレエなどでダンサーとして活躍。2006年に
 二度目のフリーとなり現在では2008年に立ち上げたC/Ompany
 を中心に活動する。これまでにスウェーデン・日本・オランダ
 ・ドイツ・シンガポールなどインタナショナルにツアーを展開。
 ダンサーとしての受賞はバレエダンサーの登竜門、ローザンヌ
 国際バレエコンクールにて入賞、振付家としては2005年にハー
 ノーバ国際振付コンクールにて最優秀賞、スカンジナビア・グ
 ランプリなど多数。2011年よりシディ・ラルヴィ・シェルカウ
 イの作品に多数参加、未だ現在進行形。

 大阪生まれ。98-06年までドイツ・オランダの舞踊団に所属し数多
 くの多彩な振付家達との作品創作に携わり西欧を中心に世界各地で
 踊る。帰国後は大植真太郎らとC/Ompany結成、欧州を軸に各地で
 公演。2011年より自身のユニット+81を主宰。同世代の敬愛する仲
 間達と精力的に作品を発表している。2013年JAPON dance project
 立ち上げメンバー、カンヌ旗揚げ公演を実施。17・18年六本木アー
 トナイトへの参加や谷桃子バレエ団への振付など垣根を超えた活動
 を展開。独自のコンタクトメソッドと演劇的な身体表現の融合に新
 世界を+81の公演等で模索している。

 ダンサー、振付家。16歳でタップダンスを始め、18歳よりNYを拠点
 に活動。アメリカ国内最大級のタップダンスフェ スティバル『ザ·
 ニューヨーク·シティー·タップ·フェスティバル』には三年連続で出
 演。13年伊インターナショナル·ダンス·フェスティバルにて日本人
 初新人振付家として優勝。14年米NYにてジェイディン·ワン·アワー
 ド受賞。16年シバナンダヨガ講師資格取得。
 17年ドイツInternationales Solo Tanz Festival ファイナリスト。
 舞台に限らず国内外で数多くの映像作品に出演、田村祥宏監督作品
 「Wheelchair Dance」、Braden Lee監督作品 HWLS「005」
 Jacob Krupnick監督作品 Pillar Point 「Dreamin’」
 

構成:大植真太郎
出演:大植真太郎、柳本雅寛、大宮大奨


[主催]
C/Ompany
[共催]
横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

[お問合せ]
C/Ompany
MAIL:cslash.production@gmail.com