横浜赤レンガ倉庫1号館は、2022年4月に館独自の振付家制度を始動しました。2期目(2024年4月~2026年3月)となる今期の振付家は、31名のエントリーから一次選考(書類選考)と二次選考(6名の審査員との面談)を経て、小㞍健太(こじりけんた)に決定しました。
小㞍健太は1999年に渡欧後、バレエ団やダンスカンパニーに所属し世界的な振付家の作品に多数出演。2010年に日本とオランダを拠点にフリーランス活動を始め、2017年よりアーティスト、研究者、技術者と協働リサーチやクリエーションを行うプロジェクトSandD(サンド)を始動し、ダンス表現における身体の在り方を探求しています。また、バレエ、オペラ、ミュージカル、フィギュアスケートの振付など幅広い活動を行っています。
2024年4月からの2年間、様々な対話機会に参加して横浜の文化拠点や地域との協働関係を深めながら、舞踊をはじめ舞台芸術の価値を広げる展開を目指します。

※初代振付家 梅田宏明(うめだひろあき)の活動はこちらをご覧ください。

1.オープンスタジオ
2.リサーチ・クリエーション
3.パフォーマンス
4.SandD LAB. Yokohama

オープンスタジオ

世界的な活動を展開する建築家・アーティストのハネス・マイヤー(ドイツ・ミュンヘン在住)とメンターシップを組み、2025年12月に発表を予定する新作ダンス公演の創作プロセスを一般公開します。また一般向けのダンス・ワークショップ、マイヤー氏によるレクチャーなどの開催を予定しています。

【実施予定】
オープンスタジオ
日程:2024年8月28日(水)~9月8日(日) ※一般公開は9月3日(火)~8日(日)予定
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース

リサーチ・クリエーション

創作活動として、振付家、ダンサーに加え、サウンドアーティスト、音楽家、照明デザイナーと協働し、各々の技術と身体感覚を見つめ直すことで表現の発展を促します。また、マイヤー氏の指導のもと、日本庭園や都市デザインの専門家へのアブローチのほか、舞台芸術と建築技術の専門知識を関連づけることで、発展的な舞台空間と振付手法の確立を図ります。

パフォーマンス

2017年の初演以来、踊る空間の環境や歴史・文化的背景を持つ「場所の特性」から受ける自身の内面による身体の変化を組み込んできたソロ・パフォーマンス『Study for Self/portrait』から得た知見をもとに、「縁側」という内と外の境界をあいまいにする日本的な環境と人の相互作用に着目した作品の上演を目指します。オープンスタジオやリサーチ・クリエーションを通してコンセプトを発展させ、2024年12月にワーク・イン・プログレスとしての上演を行い、2025年12月には新作を発表する予定です。

【実施予定】
ワークインプログレスの上演
日程:2024年12月6日(金)・7日(土)・8日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース

SandD LAB. Yokohama(アーティスト養成プログラム)

若手アーティストの育成、及び中堅アーティストのスキルアップを目的に、知識、技術、表現の向上を目指すプロフェッショナルダンサー及び振付家へ向けた短期集中ワークショップを開催します。

【実施予定】
SandD LAB. Yokohama(アーティスト養成プログラム)
日程:2025年1月21日(火)~26日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール


プロフィール
小㞍 健太 / KOJIRI Kenta
ダンサー・振付家。千葉県出身。1999年ローザンヌ国際バレエコンクールにてプロフェッショナル・スカラシップ賞受賞。モナコ公国モンテカルロバレエ団、ネザーランド・ダンス・シアターに在籍し、イリ・キリアンをはじめ、マッツ・エック、ウィリアム・フォーサイス、オハッド・ナハリン、ウェイン・マクレガー、クリスタル・パイト、アレクサンダー・エックマンなど世界的な現代振付家の作品に出演。2010年よりフリーランスとなり、『Study for Self/portrait』(原美術館)、DaBY / SandD 小㞍健太+森永泰弘『ころり』(KAAT神奈川芸術劇場)、『At the Core』(パリ日本文化会館、フランス国立ダンスセンター)を発表するなど国内外で活動。2017年より「SandD」を始動し、ジャンルや世代を横断した舞台芸術におけるダンサーの身体の在り方を探求している。他、オペラやミュージカルの振付、フィギュアスケート日本代表選手の表現指導・振付、Dance Base Yokohama レジデンスアーティスト、穂の国とよはし芸術劇場PLAT「ダンス・レジデンス」、「Vitality.Swiss」ブログラムアンバサダー、新国立劇場バレエ団 Choreographic Group アドヴァイザー、2024年4月より横浜赤レンガ倉庫1号館振付家を務めるなど、多肢にわたる。

小㞍 健太 SNS X @kojirikenta / Instagram @kojirikenta / Vimeo

ー 主な活動実績・上演歴 ー
2024年4月『Stillness in Motion』(Hauser & Wirth Paris)
2024年1月『幻灯』(NHKホール「NHKバレエの饗宴 2024」)
2023年6月『At the Core』(パリ日本文化会館、フランス国立ダンスセンター)
2022年8-9月『Kizuki-au 築き合う』(「Vitality.Swiss」連携企画事業-国際芸術祭「あいち2022」 )
2022年5月『Study for Self/portrait 2022』(KAAT神奈川芸術劇場 アトリウム)
2022年5月『ころり』(KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ)
2021年8月『Study for Self/portrait 2021』(彩の国さいたま芸術劇場 大ホール舞台上)
2021年1月『The Threshold』(ゲーテ・インスティトゥート東京 ホール)
2020年9月『Study for Self/portrait 2020』(駐日オランダ王国大使公邸)
2019年11月『Arditti Quartet x Kenta Kojiri』(城崎国際アートセンター、神奈川県立音楽堂、愛知県芸術劇場 小ホール)
2017年8月『Study for Self/portrait』(原美術館 ザ・ホール)
2017年3月『Surface and Destroy』(城崎国際アートセンター)

ー 受賞歴 ー
2005年 第5回世界バレエ・モダンダンスコンクール モダンの部銅賞
1999年 ローザンヌ国際バレエコンクール プロフェッショナル・スカラシップ賞